2011年02月13日

半年ぶりの出口ライブ

 はい、当然ながら行って参りました。

 MASAYUKI DEGUCHI LIVE -2011 WINTER-

 冬に北海道から脱出するのは夏とは別の危険を伴いますが。千歳から飛び立てるのかとか、帰って来れるのかとか。
 2月11日の札幌は割と普通の天気で、よし行けると思いましたけど、東京の天気が雪だと知った瞬間、羽田に降り立てるのかどうかっていうまったく想定外の危険に遭遇。
 でも無事30分遅れで到着。
 いつもどおり、空港からまっすぐ渋谷に向かい、駅からそのままホテルチェックイン。荷物置いたらお兄ちゃまと合流。

 ええ、当然のようにお兄ちゃまの分もチケット取ってましたよ!(もう完全迷惑行為。勝手にチケット手配した後でお兄ちゃまに報告)
 そしていつものようにお兄ちゃまに昼ご飯奢ってもらったよ!(……本当に最低だと思うよ、自分。勝手に呼びつけて昼飯奢らせるって何……?)

 会場のSHIBUYA BOXXは行ったことがないので、またしてもお兄ちゃま任せ。お兄ちゃまの誘導なしでは辿り着けない状態。
 ところで。
 なんで東京、みぞれが降ってるの……? 開場までの待ち時間、結構寒かったんですが。去年8月は暑さに苦しみ、冬は寒さに震える。一番前で見たいとかではないので、そんなに早く行く必要はまったくないはずなんですが、それでも待つのは、今回も用意されていた超数量限定Tシャツを購入するため。
 大丈夫、ちゃんと買えた。
 入ると同時にまっすぐ物販に向かい、
「Tシャツまだありますか!?」
 とかなり切迫して尋ねた。そりゃあるだろ。たとえチケットが84番だったとしても。まだ後ろにたくさん並んでらっしゃる状態で中に入ってるんだから。
 今回も、同僚の分とあわせて2枚購入。

 ちなみに夏に買ったTシャツ。出口さんには申し訳ないけど、スーパーに着て行って店員に「とってもいいものなんですよ」と言うことができてません。だって。
 未開封だし。
 着てないし。
 今回も開封せずに、出口さんグッズ収納箱に大切に収めました。そろそろ容量限界です。ディナーショーのプレートやグラスが割れないような箱だけど、そろそろ限界です。暇見て、丈夫で、一回りでかい箱探しに行きます。

 で。
 私がお手洗いに行ってる隙に、お兄ちゃまは本日のポジションを決められたようで。半分よりは後ろだけどでもど真ん中。
 真ん中の方が良いだろう、という判断だそうで。でも、お兄ちゃま、何気なく正面見たら、そこにマイクスタンドあるんですけど。結構近いですけど。
 ……大丈夫か、私。この位置で出口さん見て大丈夫か、本当に。

 大丈夫じゃなかったです……

 登場された出口さん、サングラスされてない……!
 いつもされてる時は、外してくれないかなーとか思ってはいても。実際にお顔が見えるとそれはそれで。大丈夫か、私……落ち着いて見られるのか、私。
 でもそんな不安なんて、最初の「BIC SCIENCE」聴いた瞬間に小さなものだと知りました。
 いきなり、アルバム未収録のシングルカップリングから来るんですか……っていうより、これをナマで聴ける日が来るとは……
 続けざまに「TV SHOP BOY」歌われた瞬間、私の拍動いろいろとおかしかったです。前列のお姉様方が息を呑まれてたけど、いや、わかるよ、それ。

 今回も5曲ごとにMC。5曲目の間奏くらいでトイレに行けば次に間に合うように戻れるはず、と前回と同じことを出口さんは仰いましたけど、その場合5曲目を全部聴かずに出ろということなんでしょうか。5曲目は諦めろということなんでしょうか。ついでに出口さんのMCも聞くなということになるんでしょうか。そんなもったいないことはできませんが。

 前回、自粛してブログには書かなかった例の別れ話目撃談。出口さんの株をいいだけ下げたあの話、本当に続きをお話してくださってましたよ。
 続き聞くのに半年かかる……
 より詳細な、その時の出口さんの行動説明に、何か一言仰るたびごとにお姉様方の口から「えーっ!?」「ええーっ!?」と。お姉様方は間違ってません。誰だって「えー」って言いたくなるようなとんでもない行動をされていました。
 でも私の口からそれを言うのは憚られるから、どなたか詳しくupされてる方のブログとか参照してください。
 結局今回も微妙な感じになって、続きはまた次回、と。
 ……また半年待ちですか。
 一つの話を聞くのに一年かかるってことですか……いや、次も絶対行くし、聞けるだろうからいいけど。
 それよりも、半年前に皆の前で約束してくださったことを忘れずにちゃんと果たしてくださったことが何より嬉しいです。次もまた続きを話してくださるのを期待してます。

 ところで。
 雪が降ってるってことで、ようやくライブに出向くのに不向きな時節だということに気づかれたようで。この季節を指して「過酷」と。
 真夏もあれですけど真冬もいろいろと。台風で飛行機飛ばないかもとか吹雪で飛ばないかもとか、そういう心配をしなくても良いシーズンを遠征組の誰もがささやかながら願っていたんですよ。
 今度から夏冬ではなく春秋にしてくださるようです。
 あれ、でも。そうなると、次は半年後ではなく、8ヵ月くらい先になるんじゃないの? ……待ちますけど!

 雪が降ってるっていう話題で、も一つ。
「雪合戦でもする?」
 出口さんが「やれ」と仰るなら喜んでやりますが? 
 でも北国の人間から一つだけアドバイスさせていただくと、降ってるのはみぞれなので雪合戦はできません。そんなに積もってないし。
 でもやれと仰るなら、無理を承知で決行いたしますけれど? やれと仰るなら、多分みんなやります。

 そういえば。アンコールに戻られた時、Tシャツを着用されていなかったので、今回はお披露目しないのかな、と思ったら。
 何気なく襟元を気にされ、タイミングを図るかのようにファスナーを下げ。
 まさか。
 ……着てらしたのか。
 ってことは最初から中に着てらしたのか……? まさかずっと中に仕込んでらしたのか……? ファンクラブの宣伝とともにTシャツの購入を促されました。
 もう買ってます! ライブ中、若干手荷物の存在が厄介になるとわかっていても先に買ってます! 超限定だから買い逃したら困るから、買ってます!
 そして自宅に持ち帰り未開封のまま収納しました!(Tシャツは着るためにあるってことを私はあえて忘れようとしてる)

 えーと……セットリストは覚えてるけど。
 25曲も曲名書くとただでさえ無駄に長い記事が更に長くなるので、D-SYSTEMのupを待ってください。(半年前と同じこと言ってるな、私)
posted by あんず at 23:32| Comment(4) | Voice

2011年01月03日

2回目メイド

 12月31日、普通に仕事してました。1月1日は好き好んで出社にし、1月2日はついでだからと休日出勤半日。
 そんな年末年始。
 仕事から帰った昨日、とある知り合いからメール。前日からメール来てたけど、確定したのは昨日の昼だから昨日みたいなもんだよね。一人捕まえたと。

 補足説明:遊びに誘われるたびに「君と二人きりはいやだ」で返すから、常にもう一人誰か一緒に行く。

 それならオッケー。目的地は前回と同じ、メイド喫茶。
 ……私一人じゃメイド喫茶行こうなんて思いつきもしないからね。誘われないと行かないしね。しかもメンツがおかしいところがまたちょっと笑えるしね。
 そんなわけで人生二回目のメイドばしご!(梯子する必要性が何なのか、もう私にもわからない)

 前回二軒目のお店で出くわした、かなり詳しそうな兄さんからいただいた情報により、某有名店へ三人で行ってみました。
 名前を聞かれ、本名名乗る気はさらさらないのでお任せした結果、なんだかよくわからないまま私は『お姉さん』となった。…同行者が一人自ら『ボクちゃん』と名乗ったのに比べれば大したことではないように思える。
 で。思わぬ楽しさに席を立つ気になりませんでした。
 メイドがこんなに楽しいなんて。

 そして1月2日から営業しているメイド喫茶はたったの二店舗。そのもう一軒も制覇。
 いつか市内全店行ってみたいとちょっとだけ思いました。


 ……いったいおまえは誰と誰を連れてメイドに行ったんだ、とか聞かれたくないけど。知り合いに見られてなければいいなぁ。
posted by あんず at 14:01| Comment(0) | 日記

2010年12月14日

爪割った

 自宅で飲んでて、肴のアイスクリームが切れてたのでコンビニ行こうとして転び。結果。
 右手の人差し指の爪割れました。
 いや、転んだにしては軽傷だけど、でも日常生活での弊害は捻挫よりも厄介。
 このまま剥がれると大変なことになるので、亀裂が入った状態で伸びるのを待ちますが。

 この状態を保持するため。
 とりあえずいつも通り、ネイル厚塗りコーティングで補強しようとしたんですけど。

 考えたら私、仕事に塗っていけるような無難なカラー持ってないんじゃん。
 いつものように混沌とした部屋を漁り、出て来たのは、青、紺、紫、黒、紺ラメ、紫ラメ、濃紺……。
 えーと……仕事行くのに、どれなら使えるんだろ……。
 選びようがないのに選ぼうとしましたけど、人の三倍優柔不断な私は迷ってはいけない。迷ったらもう何も決められない。迷う前に決断。
 濃紺でいいや。(←色が濃い時点でもうかなりアウトな選択)
 で、塗りました。問題の指にだけ。
 結果的にこういう感じになるんだけど↓
 http://twitpic.com/3fg2g3
 
 いろいろおかしいけど世間様の前でそこまで開き直れないので、絆創膏巻いて出社しました。
 でも。
 仕事始めると、すっげぇ邪魔。
 支障だらけ。
 指先使えねぇ。

 迷わず絆創膏外し、上の写真の状態晒しながら一日過ごし、面倒だからそのまま地下鉄乗って帰宅しました。
 とりあえず今濃紺は落としましたけど。

 明日、何色塗って行こうかな……。
 ええ、14時出勤だったのに。出勤前にどんな店でも寄りたい放題だったのに。無難な色を買ってから出勤しようとか、そういう考え一切なしで会社行っちゃったよ……。
 そんなわけで明日も、非常識な色で指一本だけ染めて出勤しようかと思います。
posted by あんず at 00:59| Comment(0) | 日記

2010年10月25日

また飛びました

 ちょっとライブ行ってました。吉祥寺まで!

 飛行機苦手なくせに、ライブとなると飛ぶのを躊躇しない。たとえ酔って十数分空港から動けない状態になろうとも。
 今回は珍しくササキオサムでした。割とSCRIPTが札幌まで来てくださるので無理に飛ぶことはないと思っていたんですが、ソロの場合でもそこまで時間と費用を掛けて何曲聴けるんだっていうのもあったんですが、今回なんとワンマンと聞き、それなら飛ぶに値する、と出掛けて来ました。(私の遠征判断基準けっこう緩いよね)

 初めて吉祥寺に足を踏み入れるので、迷子になるんじゃなかろうかという不安を抱きつつ出発しましたが、意外と普通に駅まで到達し、ホテルの前まで無事到着。逆に何事もなく着いたため時間が余りすぎた。
 私が到着しだい待ち合わせるというアバウトな約束をしていたお兄ちゃまともその直後にちゃんと合流。
 そう。
 またお兄ちゃまを呼び出した。
 前回出口雅之に行ったあと、お兄ちゃまが興味を持ってくださったので保存用CDをお譲りしたんだけど、その際これ見よがしにMOON CHILDやSCRIPTのCDも混ぜて渡した。何のための準備だろうね、本当に。
 今回もお兄ちゃまが付き合ってくださいました。そして夕方時間が余っていたので昼食をご一緒し(時間遅いけど昼食です)、なんだか成り行きでお兄ちゃまに奢っていただき。
 お兄ちゃまが本当にライブを楽しめたのかどうかは微妙ですが、お兄ちゃまに感想を伺うより早く、私は次回のソロワンマンのチケットを2枚その場で購入してました。これもある意味迷惑行為だよな。

 お兄ちゃまがどういった感想を抱かれたのかは結局聞いてないけど。
 私は満足。
 往復ともに曇り空でよく揺れたけど、満足。
 『冬の虫』を生で聴ける機会があるとはライブ前までは想像もしてませんでしたし。
 あと。
 ブログやtwitterで、行かれた方々やご本人も言ってるけど、ポイントはサザエさん。

 ところで。
 チケット押さえてから、出口雅之の公式BBS見ました。お出かけ準備でバタバタしてたんで気づかなかったんですが、なんとライブ告知が。
 来年2月11日!
 ん? 衝動的に買ってしまったササキオサムはいつだっけ?
 2月19日……。
 そっか。
 私。
 来年の2月は。
 二週連続で飛ぶんだぁ。(←今んとこ、他人事のように感じてます)
posted by あんず at 18:14| Comment(0) | Voice

2010年10月13日

今度は潰れた

 先日、なんとか潰れるのだけは堪えたと言ったけど。
 昨日はそうはいかなかった。

 週末行ったお店から、竹鶴を仕入れたとの連絡をいただき。(そんな酒はメニューにないのにね)
 そっかー入れちゃったかー。じゃあ権利を主張しに行かなきゃなー。
 というわけで、その店の常連でもある同僚と一緒に仕事の後行きました。
 口空けて、一、二杯飲んで帰ろうね。というのが素面の時の約束。
 私のことだからアルコール入ったら前言撤回して飲み続けるのは想像できてたんですが、でも彼女が止めてくれるだろうと気楽に考えていたら。
 実は彼女も、飲んだら止まらない人だった……。
 気づけば軽く4時間が経過。
 私のボトルはなぜか残り三分の一。
 そして。
 なんか気分悪い。
 いや、かなりまずい。
 すっげぇまずい。
 堪えるとかそういうの無理な段階に達してる。

 すでに閉店した店内で酔い潰れました。とんでもねぇ迷惑行為。
 ちなみに同僚は約一時間前に撤収してました。私も一緒に帰れば良かったのにね。

 店の方に支えられてタクシーに乗り、どうにか帰宅。
 今朝は二日酔い。残業は「体調不良」で断りました。

 ちなみに。
 もう恥ずかしくて行けないのにzippoを忘れて来ました。
 たった一日で残り僅かになったボトルも補充してくれるんだそうです(店に置いてない酒なのにね)。
 出せるツラはないのに、それでもまた行かなければいけないようです。
posted by あんず at 21:04| Comment(0) | 日記

2010年10月11日

ネクタイ増えちゃった

 親父と買い物に行き。
 親父が自分のネクタイを選びながら私に「どれがいいと思う?」と訊いてきた。

 正直、60本以上持っててそれでもまだ足りないと抜かす親父に呆れつつ。
「これ気に入った」
 と一本掴んだところ、親父は数秒沈黙し、そして確信したように言い切った。
「誰がおまえのネクタイを選べって言った?」
 赤と黒の、明らかに堅気の紳士向きではない柄。
 そう。私が自分で使うのに欲しい。(私のネクタイはすべてメンズ。レディスは気の利いた柄がないから)

 そして自分用にそれを買ったところで親父が呆れたように言った。
「おまえ20本もあるのにまだ足りないのか」

 おや。私も親父に対して似たようなことを考えたぞ。
 まあ、正しくはこれで24本になったんだけど。
posted by あんず at 12:57| Comment(0) | 日記

2010年10月10日

飲み過ぎた

 昨夜は歓送迎会。
 いつもどおりのわがままで無理矢理人を引っ張って二次会に行き、無理矢理三次会まで行ったはいいんですが。
 三次会で泥酔。
 でも、そのお店は私の行きつけではなく、一緒に行った方の紹介なので、醜態を晒して今後その方が通いづらくなってはいかん、と平静を装って二時間耐えた。
 一番酔ってない、と評価されつつ、内心「今一番危ない酔い方をしてるのは私なんだ」と苦笑。
 無表情にぐいぐい飲んでることが多いためか、実は気分が悪くても気づかれずに済むんだな。

 そんな状態で朝6時を迎え。
 同席していた方々が帰り支度を初めても。
 実はかなり酔ってる私は動くことすら危険で、しかもそれを口にするわけにもいかず。
 そんな状態をわかってるのかわかってないのか、店の人間が飲み直しを勧めてくれたので、渡りに船と一人残りました(その後も普通に酒を出されたけど)。
 おかげで小一時間もすると収まり、また普通に飲み続け。気づけば閉店時間の10時。大変すっきりと店を後にしました。

 ところで。
 →のtwitterでも言ったけど。
 私は人の顔を覚えるのが非常に苦手で、同僚の顔も脳内に新規登録されるまでに一週間を要します。
 6時から10時の間、ずっと隣に座ってた兄ちゃんの顔なんて、たった4時間では覚えられません。途中「どなたでしたっけ」と尋ねて相手にショックを与えたくらい。
 多分、次に会ってもやはり顔はわからないかと思います。
 4時間もぼんやり付き合わせておいて顔も覚えてないって失礼な話だけど。
 あ、声は覚えてるから話せば判別できるか。(その前にまた行くことがあるのか、私……)

 でも。
 人間を声だけで判断するって最低だよね。
 友人も、声が気に食わなかったらあまり接触しないとかね。
 恋愛相手も声だけで選んで、いろいろ失敗するとかね。

 ……いいかげん、人をまず声で判断するの、やめた方がいいよね。
posted by あんず at 21:25| Comment(0) | 日記

2010年09月24日

更新してみました

 更新してみました。


 ジョジョサイトを。


 ……ここから繋がってもいねぇサイトの宣伝しても虚しいだけなんじゃなかろうか。
 

 三連休、何もせずにぼんやりしてたんじゃないっていうのをアピールしてみたかったんです。
 たとえ明日からまた仕事で、結局次の更新まで間があったとしても。
posted by あんず at 22:45| Comment(0) | 日記

2010年08月11日

久しぶりのGV

 行って参りました。
 MASAYUKI DEGUCHI LIVE-2010 SUMMER-
 ……4日も前の話ですが。

 おまえ札幌に住んでるはずだろ、と思われるでしょうが。ライブ会場までの距離はさしたる問題ではありません。あと、8月7日はすでに世間ではお盆に入っていて、交通費がたった一泊の宿泊費込みで6万円だったとか、真夏に南下するのは無謀だとか、そういうのも気にしてはいけない。
 出口雅之がGRASS VALLEY歌うってのに、行かないなんて選択肢は有り得ません。

image1.jpg

 なんで半券が2枚もあるんだろうね……。
 
 チケットが何故か2枚あったということで、誰か一緒に行かないかなと心当たりを誘ってはみたんですけど、「夏に東京、しかも旅費の高いお盆」という条件に皆が渋面。そうだよなー行くの大変だもんなーと思った時に、不意に気づいた。
 行くんじゃなくて最初からそこにいればいいんだということに。
 都内にいる知り合い。真っ先に思いついたのはお兄ちゃまでした(お兄ちゃま、出口ファンでも何でもないのにな)。物は試しで尋ねてみたら快く了承。さすがお兄ちゃまだ、人が良い。
 私は表参道FABに行ったことがないので、道案内もしていただけました。

 見てのとおり、チケットの番号がとんでもねぇ。開場後に行くつもりだったのに、18時前に普通に着いてしまい、普通にチケットの番号通りに入りました。そんなに前で入っても出口さんを至近距離で見る度胸はもう持ち合わせていないので、真ん中くらいの壁をキープ。最前列に向かって全力疾走で走り込んで行く方々はすごいと思う。いつだったかのディナーショーで期せずしてステージ正面ど真ん中のテーブル引き当てた時は何食べたかわかんないくらい緊張したし。

 時間的な余裕もあったので超数量限定とされていた「d」Tシャツも先に購入。
 ところで封入されてるサイン入り生写真。これ、サイン手書きだ……。同僚へのお土産にもう1枚買ったけど、見比べると微妙に違ってる。貴重だ……。
 
image2.jpg


 予告されていた25曲中14曲がなんとGV! まさかってレアな曲まで聴けてしまいました。セットリストは……覚えてるけど、まあいいや。公式サイトの写真アップ時に併せて掲載されるだろうからそちらご参照ください(25曲も曲名書くの大変だし)。

 トークは相変わらずでした。でももうその微妙さが売りのような気がして来たし、歯切れ良くなって気の利いたことを言い出されたら却って落ち着かないと思うんで、これでいいです。
 そしてファンが一言一句違えずにブログに掲載することを怖れる出口さんの姿に軽く失笑。「……って書いておいて」と仰ると、ギターの方が横で「その『書いておいて』も書かれる」と突っ込んでいたので、私は余計なことは書きません。
 でも。Tシャツについて「買って貰えるようなデザインにした」と自らアンコール時に着用してアピールされていたのは印象的でした。
 これを着てスーパーに行って、レジで「何のTシャツですか」と訊かれたら「これですか? これは……とってもいいものなんですよ」と答えるように、と。
 正直、「とってもいいものなんですよ」と言うのは簡単ですが、レジで店員からそんな質問をされるまでTシャツを見せびらかすのが難しいです。
 ちなみにこれは、昨日同僚にTシャツを渡す際に『使用方法』としてメモにしておきました。多分、彼女も実行不可能だろうけど。

 何よりの朗報は。
 これを今後も「ライフワーク」にすると仰ったこと! ライフワーク、という表現も何かあれですが、つまりは定期的にこういうライブがあるということですよね。
 最後に「次は……」と言いかけた瞬間、会場中の拍手が一瞬にして静まりました。誰もが「次がいつなのかを聞き逃すわけにはいかん」という気持ちだったかと。でも明確な日程がまだお決まりではないのか、結局口ごもり、今回同様、決まり次第D-SYSTEMで告知する、と。
 待ちます! 今回のように、会報に封入されてくるフライヤーを!
posted by あんず at 16:19| Comment(0) | Voice

2010年07月08日

ちなみに

 昨日と今日で読み終えた……


 
 


 なんかもう、おまえどういう基準で本選んで来たって突っ込まれても答えようがないんだけど。強いて言えば、なんとなく目についた順?
posted by あんず at 21:42| Comment(0) | Books