2007年04月30日

ライブ行きたい

 D-SYSTEMからファンクラブの会報が届いた。継続申込用の振込用紙付きで。
 当然今回も継続するけど、それにしても……最近ずっとライブに行ってない。何しろ、交通費と宿泊費がかかるから。

 そもそも去年はライブなんて、SCRIPTを一回観ただけ。(珍しく札幌に来たから行けた)
 今年は出口雅之の歌声を聴きに行けるといいな、と。
 ……仕事探さなきゃ。
posted by あんず at 18:10| Comment(1) | Voice

2007年04月26日

二組

 かぐやさんと映画を観に行ったら、あまり見ないものを二つ同時に見た。

 私達が入った時、かぐやさん側に隣接するカップルは、ジュース飲みながらコロッケを囓っていた。油の匂いが強烈だったんで印象に残った。
 で、それを食べ終えた後、男性の方が席を立って行って、上映直前に戻った時、彼の手には新しいドリンク二つと巨大なポップコーンがあった。
 おかわりですか。子供連れた家族連れならよくやってるけど、格好つけたがるカップルでおかわりですか。
 ちょっと気にはなったけど、大したことじゃなかった。

 滅多に見ないもののもう一つは、私の隣のカップルでした。
 終了間近な頃、私の横にいた男性がもそもそと動き出した。落ち着きのない野郎だと思っていたら、自分の彼女の太股付近で蠢く不埒な手が目に入った。私の隣で映画館プレイが始まった模様。
 正直、その時思った。有り得ねぇ、と。
 だって今私達が観てるのは、名探偵コナン。
 コナン観ながら、そんな気持ちになれるはずがねぇ。気分出る訳がねぇ。
 でも二人は楽しげだ。
 私はちょっと迷った。目の前のスクリーンに集中すべきか、隣の二人に注目すべきか。
 すぐに結論は出ました。
 お金さえ払えばコナンは何回でも観れるけど、コナンを何十回観ても同じような行為に及ぶ二人が隣に座る可能性はほぼ無い。
 隣の二人に意識集中。
 しばらくすると、私の横の男性が彼女に覆い被さった。有り得ない。絶対に有り得ない。コナン観ながら雰囲気出せるわけがない。
 でもさすがにそれ以上の事に及ぶことはありませんでした。もしそんなプレイをしようものなら、私は上映終了後に二人を無理にでも引っ張って行って「面白い物を見せてくれてありがとう」と何か奢ったところです。(注:見ず知らずの赤の他人)

 男女でコナン観てるのもあんまり褒められたことじゃないけど、いい歳の女二人で毎年必ずコナン観てるのもどうかしてる……
 でも来週はまたかぐやさんと今度はスパイダーマン3の予定。
posted by あんず at 23:00| Comment(0) | 日記

2007年04月19日

丸一日無駄に過ごす

 頭痛ってすごいよな。
 頭抱えてのたうち回ってるうちに朝を迎え、そしてそのまま夕方になった。

 煙草やめろよ、私……。

続きを読む
posted by あんず at 18:20| Comment(1) | 日記

2007年04月17日

再就職失敗

 書類審査の後筆記試験受けに行って面接受けてまんまと落ちた。
 ここんとこ面接っていうと営業職ばっかりだったんで、キャラでインパクト出す癖がついてて……久しぶりに事務職の面接受けたら「……目立たないように……地味になるように……面白いこと言っちゃいけない……無難に無難に無難に……」と、何か間違ったことをずっと反芻しながら受け答え。
 質問されるたびに、「あ……ここでこういう風に答えると印象残るよな……ってことは考えちゃだめだ! えーと……普通の事務職の人は何て答えるんだろ?」と、事務の人間をナメてるようなことばかりが頭の中をぐるぐる。

 事務の面接がこんなに神経的に疲れるものだということを、久々に思い出しました。営業の面接は気楽なのに。
 もう雪も解けたことだから、やっぱり営業に出ようかな…
posted by あんず at 23:22| Comment(0) | 日記

2007年04月15日

一応、誕生日なので

 年齢的にはもう何も目出度いことなんかないんですが、一応、誕生日。

 父にとりあえず言ってみる。
「親父、バースディケーキはないのか?」
「欲しかったら自分で買って来い。自分の金で」
「親父が買ってくれるなら、自分で買いに行ってもいい」
「……娘が金出すなら、親父が買って来てやる」
 自分から折れることを知らない親子。
 絶対に引かない親子。
 結果的に、何故か母が折れた。
「母さんが出すから、二人で買って来な!」

 ついでだから、物は試しと更に言ってみる。
「親父、プレゼントは?」
「さっきやっただろ」
 さっき、ですか。
 それはもしや、煙草買うのに小銭持ってなかったから、貸してくれと頼んだあれのことですか。しかも一個ですけれど、お父さん?
「……それは借りた金だから返す」
「いいや! 返さなくていい! 返すな!」
 何がなんでもそれをプレゼントにしようとする親父と、そんなものをプレゼントにされたくない私の間で、320円が行ったり来たり。
 今度も。
 何故か母が間に入った。
「煙草くらい母さんが買ってやるから!」
 母から父へ、320円が手渡される。

 で。
 私へのプレゼントは?

 うやむやのうちに、無しということで落ち着いたようです。
posted by あんず at 23:18| Comment(1) | 日記

2007年04月14日

その誘惑

 なんか抗いがたい誘惑にかられて、うっかりダウンロードした…
 そして本当に、眠れない夜を過ごす羽目になった。(『@JOJO』参照)

 やっちゃったよ、あれを。
 「∞回死ねるRPG!『奇妙なダンジョン ディアボロの大冒険』」を。

 途中でおそろしいことに気づいた。止めるタイミングが全く掴めん。いい加減止めて寝たいのに、止められない。
 
 でもあれだよね。
 磁力で飛んで来たアヴドゥルにぶつかって再起不能になってるようじゃ、全然だめだよね。
posted by あんず at 17:51| Comment(0) | 日記

2007年04月13日

扮装のせいだと気づいた

 ちょっと用事があったので、いつも行くコンビニとは反対側の店で煙草を買った。
 そちらのコンビニは、頻度から言うと週に一回行くか行かないかという程度。
 だから、当然覚えられていないはずだったんですが。
 私が入ってレジの前に立つと、何も言ってないのに店員が動いた。
「……?」
 戻って来た兄さんの手には、間違いなく私が買うつもりの青いラクダ。
「こちらですよね?」
 ああ、その通りさ。
 私の顔に「青いラクダが欲しい」って書いてあったかい?

 覚えられるほど回数利用してない店で、何故か覚えられていた。

 最近やっと、なんで覚えられやすいのか気づきました。
 この私の、メーテルっぽい格好と、マニアックな銘柄の組み合わせが必要以上のインパクトを与えているんだということに。

 今年の目標、『脱・メーテルっぽく見える服装』に設定変更。
posted by あんず at 23:32| Comment(0) | 日記

2007年04月12日

イタ電の種類

 嫌いなイタズラ電話は、ワン切り。
 昨夜……いや、今朝? 深夜一時に電話が鳴った。
 うちの電話、子機の一台は私の部屋にある。机の上に乗っているので、ワンコールで取った。すぐに取らないと、家中で着メロのくるみ割り人形が同時に三カ所で大音響を発して大変なので。
 でも、取った瞬間、切れた。
 そして結果的には母が起き出してしまったので、私の努力はあまり意味がなかった。

 そんなことよりも。
 夜中に電話して来ていながら、何も言わずに切られるのが一番つまらない。
 一番気に入ってるのが、向こうでどこぞの兄さんが荒い息で何か口にするのを憚られるような行為を行っている電話。こちらも無言で放っておくと、十分後くらいに相手の方が素に戻って照れ始めるので、大変気分が良い。「勝った!」って気持ちになれます。
 けれど。
 電話取る労力使わされただけで、相手に先に切られると、「負けた…」って気分になるので不愉快。
 イタズラ電話相手に勝敗も何もあったもんじゃないんだろうけど、でもなんか、負けず嫌いなんで、つい、勝ちに行く。
 昨夜は負けでした。私の完敗でした。何故なら、非常にムカついて、イライラして眠れなかったから。
posted by あんず at 23:06| Comment(4) | 日記

2007年04月10日

夜間買い出し

 どうして夜、それも遅い時間になると、アイスが食べたくなるのかわかりません。
 それも、私だけでなく、家族で欲しがる理由がわかりません。

 我が家では時々、夜にアイスジャンケンが行われる。
 誰がコンビニまで行くかを決めるために。
 大抵父が行く羽目になるけれど、稀に私も当たる。
 今夜は当たりでした。
 風呂上がりに敢えて外へアイスを買いに行くのは、風邪を引けと言っているも同然だと思われますが、それでも公平にジャンケンで決まったので文句は言いっこなしで。

 時々。
 どうせアイス食べるんだから、昼間のうちに買っておけばいいんじゃないかと思います。
 誰がって、それは、煙草を買うためにふらりとコンビニへ行く私が、ついでに買っておけばいいんじゃないかと。
posted by あんず at 23:54| Comment(0) | 日記

2007年04月09日

転職魔の私の友達も転職魔

 久しぶりに友人と会った際、「ところで今何してるの?」と聞くことのむなしさを、最近お互いにやっと実感し始めました。
 教え合った職業を、次に会う時まで続けているという保証がない。

 何気なく入ったショップで、店員がやけに親しげに近寄って来た。不気味に感じたけれど、よくよく見たら友達でした。
 でも、次にこの店に入った時も彼女がここにいる可能性は低い。
 お互い様なことに、彼女も、平日の昼間っから私がふらふら歩き回っていることについて、何もつっこまない。
 そういえば私は次の日曜が誕生日。そろそろ落ち着いた生活をした方がいいんじゃなかろうか。
posted by あんず at 18:30| Comment(0) | 日記

2007年04月08日

コスプレではありません

 激しい頭痛の為、先週末は起き上がることができませんでした。だから飲み会に行き逃した。

 ところで。
 その宴会に出席する方々なんですけど。
 私を秋冬に見た時に、何故か似たようなコメントばかり並べてた。
 例1:
「なんか……銀河鉄道にでも乗るみたいですね」
 例2:
「メーテルみたいだな!」

 季節毎で替えてはいるけれど、基本、黒ロングコート。
 季節毎で違うけれど、黒帽子(主にベレー)。

 でもでも。
 これ、メーテルの着てるあれとは、明らかに違うよ?
 帽子だって、これはベレーだよ?
 私の髪、金髪でもなければロングヘアでもないよ?
 しいて言えば、前髪で顔半分隠れてることくらいしか、似てるとこないよ?

 ふと思う。
 近しい人が皆口を揃えてそう言うってことは。
 私が外を歩いている時、道行く人の大多数は、
「あの人、メーテルのコスプレしてるよ」
「うわっあの人絶対、メーテル意識してるよ。間違いないって!」
 と思っているんだろーか……。
 絶対にされたくない誤解をされていそうで笑えない。

 だから、先週末の飲み会に行く時は、メーテルっぽい要素が一欠片もない格好で行こうと意気込んでいたんですが。
 行けなかったので、まだしばらく私は『メーテルのコスプレのような格好で歩き回る女』と認識されると思われます。
posted by あんず at 19:51| Comment(1) | 日記