2010年08月11日

久しぶりのGV

 行って参りました。
 MASAYUKI DEGUCHI LIVE-2010 SUMMER-
 ……4日も前の話ですが。

 おまえ札幌に住んでるはずだろ、と思われるでしょうが。ライブ会場までの距離はさしたる問題ではありません。あと、8月7日はすでに世間ではお盆に入っていて、交通費がたった一泊の宿泊費込みで6万円だったとか、真夏に南下するのは無謀だとか、そういうのも気にしてはいけない。
 出口雅之がGRASS VALLEY歌うってのに、行かないなんて選択肢は有り得ません。

image1.jpg

 なんで半券が2枚もあるんだろうね……。
 
 チケットが何故か2枚あったということで、誰か一緒に行かないかなと心当たりを誘ってはみたんですけど、「夏に東京、しかも旅費の高いお盆」という条件に皆が渋面。そうだよなー行くの大変だもんなーと思った時に、不意に気づいた。
 行くんじゃなくて最初からそこにいればいいんだということに。
 都内にいる知り合い。真っ先に思いついたのはお兄ちゃまでした(お兄ちゃま、出口ファンでも何でもないのにな)。物は試しで尋ねてみたら快く了承。さすがお兄ちゃまだ、人が良い。
 私は表参道FABに行ったことがないので、道案内もしていただけました。

 見てのとおり、チケットの番号がとんでもねぇ。開場後に行くつもりだったのに、18時前に普通に着いてしまい、普通にチケットの番号通りに入りました。そんなに前で入っても出口さんを至近距離で見る度胸はもう持ち合わせていないので、真ん中くらいの壁をキープ。最前列に向かって全力疾走で走り込んで行く方々はすごいと思う。いつだったかのディナーショーで期せずしてステージ正面ど真ん中のテーブル引き当てた時は何食べたかわかんないくらい緊張したし。

 時間的な余裕もあったので超数量限定とされていた「d」Tシャツも先に購入。
 ところで封入されてるサイン入り生写真。これ、サイン手書きだ……。同僚へのお土産にもう1枚買ったけど、見比べると微妙に違ってる。貴重だ……。
 
image2.jpg


 予告されていた25曲中14曲がなんとGV! まさかってレアな曲まで聴けてしまいました。セットリストは……覚えてるけど、まあいいや。公式サイトの写真アップ時に併せて掲載されるだろうからそちらご参照ください(25曲も曲名書くの大変だし)。

 トークは相変わらずでした。でももうその微妙さが売りのような気がして来たし、歯切れ良くなって気の利いたことを言い出されたら却って落ち着かないと思うんで、これでいいです。
 そしてファンが一言一句違えずにブログに掲載することを怖れる出口さんの姿に軽く失笑。「……って書いておいて」と仰ると、ギターの方が横で「その『書いておいて』も書かれる」と突っ込んでいたので、私は余計なことは書きません。
 でも。Tシャツについて「買って貰えるようなデザインにした」と自らアンコール時に着用してアピールされていたのは印象的でした。
 これを着てスーパーに行って、レジで「何のTシャツですか」と訊かれたら「これですか? これは……とってもいいものなんですよ」と答えるように、と。
 正直、「とってもいいものなんですよ」と言うのは簡単ですが、レジで店員からそんな質問をされるまでTシャツを見せびらかすのが難しいです。
 ちなみにこれは、昨日同僚にTシャツを渡す際に『使用方法』としてメモにしておきました。多分、彼女も実行不可能だろうけど。

 何よりの朗報は。
 これを今後も「ライフワーク」にすると仰ったこと! ライフワーク、という表現も何かあれですが、つまりは定期的にこういうライブがあるということですよね。
 最後に「次は……」と言いかけた瞬間、会場中の拍手が一瞬にして静まりました。誰もが「次がいつなのかを聞き逃すわけにはいかん」という気持ちだったかと。でも明確な日程がまだお決まりではないのか、結局口ごもり、今回同様、決まり次第D-SYSTEMで告知する、と。
 待ちます! 今回のように、会報に封入されてくるフライヤーを!
posted by あんず at 16:19| Comment(0) | Voice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: