2007年07月19日

電話壊れた

 昨夜。
 突如、電話シャットダウン。
 携帯が落ちるなんて聞いたことねぇ。

 真っ暗になった画面見つめて三秒。また勝手に起動した。
 ちょっとびくびくしながら、「大丈夫かなー?」といろいろ触って確かめました。
 確認する機能、ことごとくおかしくなってた……。「あれも? これも? じゃあこれは?」と、触れば触るほど嫌な予感。
 まずね。ダウンロードしたデータ、どのファイルも開かない。着信音として二十曲入れてあるんだけど、全部タイトルの横に怪しい期限切れのマークが表示され、どれも開かない。今朝は耳慣れない初期設定のアラーム音で目が覚めました。電話かかって来ても、きっと自分の電話が鳴ってるとは気づかないと思われます。
 それからね。メールボックスに溜めるにいいだけ溜め込んだメールが、全て開かない。開こうとすると固まる。全てのボタン操作を受け付けない。
 そしてネットも繋がらない。だからその時間以降はメールも受信不能。一部PCに来るメールを携帯に転送してるんで、一応チェックしたら、PCには来てるメールが携帯には来てない。
 とりあえず一度電源切ってみるか。……電源切れません。『しばらくお待ち下さい』の文字を眺めること一分三十秒。やっと切れる。
 これは……壊れたね。

 昼にショップに駆け込み、お兄さんに現象を説明。すると彼は「お調べしますのでお待ち下さい」と言い、あろうことか私だって持ってる説明書を片手に戻って来た。
 それを使ってどうにかできるような程度なら、わざわざここまで来ないだろうよ。
 埒が明かない上、昼休みも限りがあるので、一度電話預けて調べてもらい、夜に再び。
「もしかしたらデータが重すぎるかもしれないんで……メール消してみても……?」
 ……良くはないが、まあいいさ。やってみたいなら、やれ。(重要なメールは入ってないし。要保存なメールは全部PCにしか来ないから、転送されてそこに入ってても大元はPCの中にあるし)
 全部消した。景気良く。
「……変わらないですね」
「……そうですね」
 兄さんは少しだけ焦ってた。
 結論。わかってたことだけど、故障です。
 本体内のデータは全滅。ちなみに、入れっぱなしのメモリーカードの中身は空です。全部本体に登録してました。カードに入れる重要性を、初めて知りました。
 新しいの買った方が安いんだろうかと一応聞いてみる。
「修理代は……一万円以内で納まるはずです。今機種交換されると……これくらいですかね……?」
 兄さんの手元の電卓に表示されてた数字は、45,000。
 不便でも、二週間修理に出した方が良いに決まってる。よほど気の短い奴でもない限りは。
 いくら私でも、そこまで馬鹿ではありませんので、修理をお願いしました。
posted by あんず at 22:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: